2010年04月30日

ネスプ/エスポーが10%台の増収―協和発酵キリン(医療介護CBニュース)

 協和発酵キリンは4月28日、今年第1四半期決算を発表した。医薬事業の売上高は前年同期比1.1%増の496億円だった。主力製品の腎性貧血治療薬ネスプ/エスポーが合わせて103億円(前年同期92億円)と好調だったほか、二次性副甲状腺機能亢進症治療薬レグパラが19億円(12億円)と伸長した。

 一方、花粉飛散量が少なかった影響で、抗アレルギー薬アレロックが82億円(93億円)、抗アレルギー点眼薬パタノールが35億円(44億円)と前年同期を大きく下回った。営業利益は、研究開発費の減少などにより、87.2%増の96億円となった。

 新薬開発の面では、国内で2月にがん性疼痛治療薬KW-2246、3月に免疫性血小板減少症紫斑病治療薬AMG531の承認申請を行った。

 第1四半期の連結業績は、売上高993億円(1.4%増)、営業利益115億円(328.4%増)、経常利益119億円(279.5%増)、純利益61億円(386.9%増)だった。通期業績予想については、前回(1月29日)公表時から修正していない。




【関連記事】
主力製品ネスプの適応追加を発表―協和発酵キリン
がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬
がん性突出痛治療剤を承認申請―協和発酵キリン
久光とがん性突出痛治療剤を共同販売へ―協和発酵キリン
協和発酵キリン、中期経営計画を発表

「国産100%」実は外国産100% 神戸の精肉店(産経新聞)
<国民新党>参院選東京選挙区に新人(毎日新聞)
<時効廃止>世論の力感じた…被害者遺族ら(毎日新聞)
SB孫社長自ら顧客に返信 企業のツイッター活用進む(J-CASTニュース)
<平城遷都1300年祭>せんとくんも本番 主会場オープン(毎日新聞)
posted by ハセ シゲノリ at 01:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。